憧れの記者会見バックボードをお手軽に

スポーツや政治など、ニュース全般に登場する記者会見バックボード。企業の広告や市区町村など公共団体のスローガンが均等に配置されています。あのボードの前で記者会見ごっこをしようと思った方はきっと多いことでしょう。もしくは、学園祭のブースなどで利用するということもあるかもしれません。個人で印刷することもできるのですが、その場合はつなぎ合わせる作業が面倒であったりするもの。実はこうした記者会見バックボードは、ネット通販で気軽に入手することが可能です。ネット通販で注文する場合は印刷業者などを当たってみましょう。プラスチックボードに印刷するタイプや発泡スチロールに印刷したマット紙を貼り付けるなどさまざまなタイプがあります。用途と予算に応じて選ぶことが可能ですので、使う場面などを考えて発注することをオススメいたします。

記者会見バックボードの使用例

記者会見バックボードとは、新聞社やテレビ局などマスメディアに対して行なわれる記者会見の際に、会見を行う、あるいは取材を受ける人物の背景に写り込むことを考慮して、広告、宣伝、PRを目的として使用される小道具です。部屋を仕切るものではありませんが、日本に昔からある衝立、あるいは金屏風に似ています。よく見かけるのは、サッカー日本代表などのようにスポーツの試合前後のインタビューの際、記者会見の場において記者会見バックボードを立て、スポンサー企業が広告を行います。どのような撮影環境でも広告が写り込むようにするために発生したのが、記者会見バックボードです。日本においては、政治家、地方公共団体の首長が記者会見を行う際は、その所属する政党のロゴマークや地方公共団体のマークを入れたボードを立てて行うケースもあります。

記者会見バックボードを購入

販売企画の仕事をしている為、新商品が出る度に大きな会場を借りて会議を開きます。そして日によっては前に出て新商品のアピールをするのですが、その時に使う記者会見バックボードを注文してくれないかと上司から言われました。いつも会社内で買う物が出てくるとインターネットで検索して、一番いい条件で安い価格の会社を探しています。記者会見バックボードと検索すると色んな業者が出てきたので、だいたい2メートルくらいの物で一番安く作ってくれる所に決めて注文しました。デザインはすべてこちらで決めれるので、必ず会社名と出来れば新商品がより素晴らしい商品に見える様なデザインの物をお願いしました。後日会社に届き、会議の時も盛り上がる場面がたくさん出てきて、とても楽しめました。約2メートルの物で6万円だったので、格安で作れて良かったです。

メール/FAXでのお問い合わせは、24時間受付中です。 当社では、様々なタイプのバナースタンドを豊富に取り揃えており、使用場面に応じて適切なタイプを選択していただくことができます。 新規会員登録されますと、500ポイントプレゼント! 東京、大阪、名古屋、札幌、福岡に営業所があります。 あなたのお店にもっと彩りを添えてみませんか?豊富なデザインと、お店にあったバナーを提案させていただきます。 記者会見バックボードのことならお任せ!